紅葉の頃の栗林公園

香川県高松市にある栗林公園。国の特別名勝に指定されている、江戸初期の回遊式大名庭園。「一歩一景」と言われるほど、どこを見ても美しく、どこを撮っても、綺麗に写ってくれる。11月29日の撮影。


北の池より出発。まず、「群鴨池(ぐんおうち)」と呼ばれる鴨の池。今年は鴨の数が去年の同時期より多いようだ。岸の紅葉が水にうつって美しい。


  浮いてゐて鴨に万里のこころざし    山口 いさを
  陣を解き思ひおもひの鴨の水尾(みお) エリザベス



隣の「芙蓉沼(ふようしょう)」では、蓮がすっかり枯れていた。



  一日を静寂(しじま)の中に枯蓮(かれはちす) エリザベス



西側の池の方に歩を進める。ここにも楓紅葉。



「西湖(さいこ)」と呼ばれる、いつ見ても神秘的な池。水の中に、もう一つの世界があるようだ。



ぜんざいの茶屋は通り過ぎて「南湖(なんこ)」へ向かう。



絵葉書にもよく使われる、「掬月停(きくげつてい)」。和船が南湖を回っている。



池の真ん中にある「楓嶼(ふうしょ)」。楓紅葉が鮮やか。


    冬紅葉冬のひかりをあつめけり    久保田 万太郎



「楓岸(ふうがん)」と呼ばれる沿岸は遊歩道になっている。後ろの山は、借景「紫雲山(しうんざん)」。




    毎日が去る日ばかりや散紅葉     百合山 羽公



最後に「偃月橋(えんげつきょう)」と呼ばれる、これもよく絵葉書などに使われる橋。この日結婚式を挙げるカップルの写真撮影が行われていた。



最後に、楓の枝の下からもう一度「楓嶼」を見て、栗林公園を後にした。