栗林公園散策

昨日、街に出かけたついでに、栗林公園を一時間ほど歩いてきた。「一歩一景」と言われる栗林公園、いつ行っても何かが待ってくれている。


まだそんなには咲いていなかった蓮の花
この時期は葉が美しい


蓮の葉をころがる水滴


先月は見つけられなかった二色の睡蓮


水辺に咲くヤブカンゾウ(薮萱草)
重弁のものが「薮萱草」、単弁が「野萱草」で夏の季語
「忘草」(わすれぐさ)とも呼ばれる
(この草を帯びていると憂いを忘れるという上代中国の風習より)



一旦園の池の水を裏山へ上げてから落としている「作り滝」
最近の雨のためかいつもより水音に勢いを感じた



蓮まさに開かんとする姿かな  エリザベス
蓮の葉の一粒の水もてあそび
作り滝とは思へざる勢(きお)ひあり